最近人気があるくき茶について解説

その美味しさから、くき茶の人気が高まりつつあります。日本で特に好まれ飲用されている緑茶との違いや、その効能についてご説明します。日本茶といえば真っ先に挙げられるのが緑茶ですが、これはブランドに限らず茶の木の葉の部分を加工したものが直茶と呼ばれる種類です。かわってくき茶と呼ばれるのが、葉以外の若枝やくきの部分をブレンドして作られた種類を指します。くき部分の硬い素材が使われる事から、別名棒茶とも呼ばれるこの種類は知名度があまり高くなく、産出される量に対して買い手があまりつきませんでした。しかし、その魅力に気付いた人たちによって需要も高まりつつあり、買い手の興味がくき茶に向けられたことに気付きはじめた業者によって、今では様々なブランドとして世に広まりつつあります。

くき茶が他の種類よりも魅力的な点について

くき茶が注目を集めはじめたのは、手に入れやすく価格も安いという点があります。需要が緑茶に比べて控えめで知名度もあまり高くなく、比較的安く手に入るので家計にも響きません。お茶の効能自体にも、緑茶と比較するとお茶の成分が平均して多く抽出できるのも優れた点です。お茶の色が薄めのため誤解されやすいですが、他の種類のお茶よりも抽出される成分が豊富なのがくき茶になります。実際に数値としても明確な数字が出ており、味の主成分であるテアニンは緑茶と比べて倍の数値です。お茶が発する香り成分を構成するピラジン類は1.5倍で、花の甘い香り成分を構成するグラニオール・リナロールに至ってはなんと4倍にもなります。これらの配合により、結果的に甘くてさわやかな飲み口の、独特な味わいがあるお茶として愛飲する人が増えてきました。

くき茶の魅力を引き出すためのオススメの飲み方

お茶本来の効能や旨みが豊富なのがくき茶の魅力ですが、その魅力を引き出すためには入れ方のちょっとしたコツがあります。柔らかい葉の部分とは違って茎の硬い部分が主成分ですので、急須にお湯を一気に注がずに少量のお湯を先に入れて十分に蒸らすのがポイントです。蒸らしている間に湯飲みの九割位までお湯を注ぎます。急須で蒸らしに使ったお湯を捨てた後、湯飲みに入っていたお湯を急須に移し替えます。お茶のブランドにもよりますが、だいたい一分前後が待ち時間です。最後に温めておいた湯飲みに向けて、人数分に分けて少量ずつ回し淹れます。二度目に飲む事があらかじめ分かっている時には、急須にお湯を残して渋くならないように使い切るか、捨てます。お茶請けを選ぶ際にも、きつすぎないくき茶の特色から色々なお茶請けに合わせられます。この機会にぜひ飲んでみるのをおすすめします。