くき茶にはどんな魅力があるのか

お茶は私たちの生活になくてはならないものです。ただ水分補給としての目的だけではなく、食事をより楽しむためにも、気持ちをリラックスするためにもお茶は私たちの身近にあるものといえます。近年ではお茶の専門店も増え、多種多様なお茶があふれています。その中で、日本人であれば誰もが一度は飲んだことのあるお茶といえば緑茶であるといえるでしょう。日本で生産されているお茶のほとんどは緑茶です。時代のブームによって紅茶やウーロン茶がメインに生産されたこともありましたが、最終的には風土に合った緑茶が現在でも多く生産されています。煎茶や玉露、かぶせ茶、玉緑茶、番茶など緑茶はその製法の細かな違いにより、多くの種類を生み出すことが可能です。その一つとして、特におすすめしたいのがくき茶と呼ばれる緑茶です。

深い味わいを手軽に楽しむことができるくき茶

くき茶と聞いても、どのようなお茶かわからない人もいるでしょう。種類によってはかりがねと呼ばれていることもあります。そもそも緑茶とは、チャノキと呼ばれるツバキ科の木の葉から作ったお茶です。摘み取った葉をすぐに熱して処理し、発酵を止めた不発酵茶のことを緑茶といいます。例えば私たちが飲む機会の多い煎茶は、緑茶のなかでも代表的なお茶であるといえるでしょう。蒸す、揉むという緑茶のなかで最も一般的な製造方法で作られています。また同じ製造方法でも、より手間をかけた栽培方法で作られ、価値の高いお茶が玉露となります。そして、煎茶や玉露を仕上げる工程のなかで新芽の茎だけを抽出したお茶のことをくき茶といいます。とくに玉露から抽出されたくきを使用しているくき茶は味も玉露に近くなるため、人気の高いお茶でもあります。

くき茶の魅力は飲みやすさとコストパフォーマンスの良さ

緑茶は甘みだけではなく、苦みや渋みなど茶葉特有の味わいを楽しむことができます。地域によっては棒茶と呼ばれることもあるくき茶は、そのなかでも独特の爽やかな香り、甘みが特徴的だといえるでしょう。苦みのあるお茶が苦手な人にも飲みやすくおすすめです。清涼感もあり、豊富な香りと甘みは他の緑茶や抹茶とのブレンドするのにも良いでしょう。通常では美味しく飲むためにお湯の温度も気にするべき点ではありますが、くき茶は熱湯で淹れても良いため、日常的に飲むことができるお茶ともいえます。また煎茶のなかでも高級なもの、価値の高い玉露から作られたくき茶はかりがねとも呼ばれており、香りや味わいもより高級感を感じられるものになります。比較的安価で手に入れることも可能なため、深い味わいを手軽に楽しむことができる点も魅力であるといえます。